EDの治療のために海綿体注射を体験したことがあるという方が少なくないと思います。EDに悩まされている方も多く、気になる治療法ではないでしょうか?

海綿体注射という治療法があるらしい

海綿体注射というEDの治療法の1つが存在しています。多くの方がバイアグラやレビトラ、シアリスといったPDE阻害薬を用いた投薬治療を行っているのではないでしょうか?海綿体注射はICI治療とも呼ばれ、陰茎海綿体に注射する治療法です。ED治療薬では対応できない場合に用いられており、高い効果を誇っています。今回はその効果や副作用などを中心に紹介します。

日本では認可なし?それでも海綿体注射する理由とは?

海綿体注射は2001年から認可させる動きがあります。ですが、厚生労働省との間で認可のめどが立っておらず、現在に至っています。では、なぜ日本で海綿体注射が行われているのでしょうか。

認可がまだされていないのはどうして?

厚生労働省の労働災害の後遺症認定を扱う部署での検査項目の対象となっているためです。世界では認可されているのに、日本はまだ認可されていないという状況です。この辺りが医療従事者を悩ませている部分と言えます。

バイアグラを飲めない人

EDの方の中には、バイアグラなどを飲めない方がいます。心疾患でニトログリセリンといった硝酸薬を服用していたり、透析中というケースなど様々な理由があります。そういった方々のEDを改善するために海綿体注射が有効になってくるのです。

バイアグラなどの効果が無効だった人

EDの方の中には、バイアグラなどのPDE阻害薬が無効だったケースも存在します。動脈硬化といった生活習慣病も関係しているとも言われています。こういった場合も海綿体注射の対象になります。脊髄損傷などにより、神経の機能が障害されている場合にも行われます。

体験談が知りたい

実際に海綿体注射を体験したエピソードが知りたいという方も少なくないと思います。ここでは、そういった体験談を紹介していきます。

実際に体験した人のブログを観察

ここでは、実際の体験談を紹介していきます。

①糖尿病による人工透析のケース

自宅からは、車で1時間ほどで少し遠かったですが、近隣ではその病院しかICI療法は行ってないみたいでした。注射する時はかなり不安でしたが、やってみると難しくも無く、痛みもほぼ無かったです。2年ぶりに反り返った息子を見て、感動しました。 ICI療法には本当に助けられました。感謝しかありません。

(引用元:edsnv.com

 

②投薬・手術以外でEDを改善するために

私の場合陰茎痛が出てしまうので、あまり回数こなせませんが。なので一発一発を大事にしています。いろいろな意味で。注射も自分で打ちますしこなれたものですよ。

(引用元:ednavi.net

メディアではどう取り上げられているのか?

実際、メディアではどういった形で海綿体注射を取り上げているのか紹介していきます。

 

①NEWSポストセブンにおいて

血管を拡張させる効果のあるED治療薬は体全体に効果が回るのに対し、ICI療法は血管拡張薬を陰茎に直接注入するため副作用が少ないと記載されています。また、バイアグラなどPDE阻害薬では効果が薄いと感じた方が選択しているケースがあるとのことです。ちなみに大きな副作用は無いといった印象も記事の中から感じられます。

http://www.news-postseven.com/

 

②Yahooニュースにおいて

こちらでも、バイアグラやレビトラ、シアリスといったPDE阻害薬では効果が無い場合に使われると記載されています。注射してから5分で勃起することができるとのことです。必要量を持って帰り、必要に応じて自分で注射していく流れになっています。ICI療法で大切な事は個々の症状に合わせた最適の薬剤調合と自分の男性器に自分で針を刺す恐怖を払拭する事が挙げられています。そこには医師と患者との間で信頼関係を築くことが必要になってきます。

http://headlines.yahoo.co.jp/

体験談から見る海綿体注射

海綿体注射の体験談で効果はどうだったのか、また、どれくらいの料金がかかったのでしょうか。

勃起の持続力

海綿体に注射してから10分後、男性器が勃起し出します。そこから、約3時間は勃起するとのことです。比較的長めといった感じだと思います。

 

医師によると、新・ICI療法という治療を行うことにより、5~15分後に勃起してくるとのことです。射精後は亀頭部分が柔らかくなるものの、陰茎は硬いという状態が90分前後続くとのことです。

複数回行ったときの料金

認可が出ていない施術のため保険の適応外となっています。4,000円の所もあれば、10,000円の所もあったりしてピンキリといった感じです。病院の評判と値段の両方を見て、どこなら信頼できるかをしっかりした上で病院を選択する必要が出てきます。

海綿体注射を行っている病院が知りたい

海綿体注射を行っている病院はどこなのか気になっている方も多いと思います。ここでは、何か所か紹介していきます。

東邦大学医療センター 大森病院 リプロダクションセンター

 

①病院の特徴

初診は問診と診察があり、採血や尿検査、精液検査なども行っていきます。クリニック内採精で精液検査や人工授精、体外受精、顕微授精の成績向上に繋げていくことが特徴となっています。海綿体注射や精子凍結保存といったことを行っています。ここ数年で手術の症例件数も伸びている所から高い実績を持つ病院と言えます。

 

②料金

海綿体注射は1回当たり約4,000円です。

 

③アクセス

JR蒲田駅東口からタクシーで約5分。バスで約7分、2番のりば「大森駅行」「東邦大学」で下車すると到着します。

 

JR大森駅東口からタクシーで約10分。バスで約20分1番のりば「蒲田駅行」「東邦大学」で下車すると到着します。

 

京浜急行梅屋敷駅から徒歩で約7分です。

四谷ローズクリニック

 

①病院の特徴

四谷ローズクリニックは新・ICI療法を行っているクリニックです。日本優良男性衣料推進協会が推薦しているのが特徴となっています。プライバシーを守り、実際に治療を行っている場面を見せて患者に丁寧に説明している所が評価できます。自己注射の指導や薬液の処方と細かな所にも配慮しており、高い評価を受けています。TVや雑誌などで数多くの取材を受けているので、知っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

②料金

カウンセリングや注射の指導、注射調剤料を含んだ初診料が21,000円、海綿体注射が8,00~15,750円となっています。

 

③アクセス

JR・地下鉄四ツ谷駅から徒歩1分です。

海綿体注射でEDを改善しよう

海綿体注射は厚生労働省から認可されていない治療法ですが、バイアグラなどのPDE阻害薬が使えないなどの悩みを持つEDの方に有効です。多くの方がその効果を実感しているので、一度検討してみてはいかがでしょうか?